1990ドイツ代表 ユニフォーム ホーム 半袖を登場!

【デザインの背景】
1990年のドイツ再統一により、東西のナショナルチームが合体しました。ナショナルチームの名前から「東」「西」が外れた「ドイツ代表」が再生しました。統一ドイツは1992年に初めて国際舞台を登場し、スウェーデンでの欧州選手権を出場しました。このユニフォームはイタリアW杯、ユーロ92予選着用モデルです。決勝トーナメントに入り、オランダ、チェコスロバキア、イングランド、決勝でアルゼンチンを破り優勝を果たした。

【メーカーカラー】
ホワイト

【デザインについて】
・Vネックを使われました。
・ホームユニフォームがドイツ伝統的な白を基調にデザインしました。
・胸前にはメーカーロゴやエンブレムを配置します。
・肩の部分には黒いストライプデザインを利用します。
・フロントのイメージはドイツ国旗である黒・赤・金の三つ色の横縞を配置します。
・観戦時、部活などの試合で着用するユニフォームのため、余裕のあるシルエットを採用するレプリカ ユニフォームです。

ご購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です